カテゴリー: 社長関野のガーターベルトで魅せろ!

Last File .女たちよ!そして男たちへ。

女たちよ! ガーターベルトで魅せろ!

Last File.女たちよ!そして男たちへ。

クリスマスまであと3週間。
人肌恋しい季節。
毎年、この時期になると必ず思い出す出来事がある。

今から50年近く前、学生時代に付き合っていたスウェーデン人の女性と赤坂のラブホテルに行った時のハナシ。

二人でバスタブに入った後、先にベッドで煙草を吸っていたら、彼女が白いバスローブを羽織って寝室に現れた。もう一度、真っ赤なランジェリーを纏い、ハイヒールを履いて。
白い歯を見せて微笑みながらブロンドを靡かせて悠然とバスローブを脱ぎ、真っ赤なランジェリーを披露した。 スウェーデンはフリーセックスの国とは聞いていたが、これ程大胆でセクシーに振る舞うとは驚きだった。何とも忘れがたい熱っぽい情景。
矢張り、ランジェリーは男が脱がせるのがヨーロッパのたしなみ。そしてランジェリーは見せなければ意味がない、と俺は思う。余談だけど、彼女の笑顔からこぼれる歯が真っ白で瞳の白い部分もこれまた真っ白。審美のある先生方が最近提唱している「目と歯が同じ色であることが絶対美」というのも納得できる。
高価なブランド品の時計やジュエリーやバッグも悪くはないが、本当に男にモテたいならランジェリーと歯に投資しなさい!そして、デートの時とか大事な場面で瞳の存在感を強めるために、目薬はアメリカ製の「クリアアイズ」がお勧め。
話がそれちゃったけど、スウェーデン人の彼女の振舞いから思い出した映画がある。
1962年の日活映画、石原裕次郎と浅丘ルリ子出演の「憎いあンちくしょう」が思い起こされる。若い裕次郎の持つカリスマ性も十分印象的だが、それを食ってしまう浅丘ルリ子演じる典子の愛らしくもパワフルな女性像が何とも魅力的だ!
アパートの自室に戻った典子はオレンジ色のワンピースを脱ぎ捨て、下着姿になった自分の姿を箪笥扉の裏の鏡に映し、「全然イカしちゃってるわ!」と自画自賛する。スリムな肢体に白い尖ったフルカップブラと深めのショーツが印象的だった。53年も前にブラとショーツのカラーを合わせたランジェリーを身に着けていたのは流石!

美しいランジェリーを纏い鏡の前に立った時、自分に誘惑されること。自分を魅力的だと思えることが大切だ。守ってあげたい女性でいる必要なんてないのだ。パワフルで自立心のある女性として自信を持ってほしい。映画の中の典子のように、誰よりも美意識過剰でなければならないのだ。妖艶に!セクシーに!自分を磨き上げていくにはランジェリーに常に気を使うべきだ。
着替えの時、お風呂から上がった時。人の目に触れるわけでもないのに、美しいランジェリーを選び纏う。その歓び・誇り・自信が女性を内面から美しく輝かせてくれる。自分自身のボディと真正面から向き合うことが肝心だ。
素晴らしい出会いを期待して、ランジェリーを選ぶ。それはすべて女たちだけに許されたひそかな歓び。
そしてその歓びに「巡り会えるか、会えないか」が実は女たちの美しさの分岐点だと思う。
女たちよ!クリスマスには真っ赤なAubadeのランジェリーを身に纏って世の男たちの熱き思い出となれ!

追伸
コラムも今回が最終回。俺の望むことはただひとつ。日本女性にランジェリーを愉しんでもらいたい。自立した女性こそ、洗練された美しい下着を纏ってもらいたい。欧州では日本女性が好意的に受け取る「可愛い」が褒め言葉ではない。成長過程(少女)という意味合いが強いのだ。女性には生涯“女”であり続け欧米のように男性に「センシュアル(セクシー)」という褒め言葉をもらってほしい。そのためには、我々男たちの意識改革も必要だ。世の女性の美しさに気付いていない男たち。そんな君たちへの俺からのラストメッセージ。


男たちよ…愛する女にランジェリーを贈れ!


関野芳信




■今月の関野社長のおすすめアイテム

「BAHIA COUTURE」ハーフカップブラ。

BKtanga width=

 

File No5.女たちよ!Tバックで美尻を!

女たちよ! ガーターベルトで魅せろ!

File No5.女たちよ!Tバックで美尻を!

美意識の高い女たちが、なぜTバックを穿かないのか?
不思議だよね?
先日、業界の熱海旅行の宴会で出会った芸者衆。
一番若い芸妓2人を除いた、古参芸者8人がノーパンだったんだ!
これには参った!いやぁ、熱海のノーパン芸者の心意気を感じたね。

さて、Tバック(T-back)とは和製英語で海外では、タンガ(Tanga),Gストリング(G-string)そして、ソング(Thong)などと表現される臀部を露出した下着(下穿き)の一種。
そんな、Tバック(タンガ)を世界ではじめて発表したのはAubade(オーバドゥ)社。タンガの生みの親なんだ!2001年には世界最小の重さ、たったの5グラムの「ストリング・ミニマム」というタンガを世界に送り出して話題になったりもしたね。

さて、日本でTバックを一躍有名にしたのは元AV女優・飯島愛ちゃんだと俺は思う。愛くるしい顔にロングヘアー。弾力性に富んだお尻の二つの山の間を細い布が通り、お尻の丸みがきれいに出た、マシュマロヒップの持ち主。まさにTバックの女王だったね。
最近では、AKB48の小嶋陽菜が写真集「どうする?」でセクシーなTバック姿を披露しているけど、次世代の“マシュマロヒップ”でなかなかイケてるね!

とにかく!ボディラインを美しくしたいならTバックに変えるべきだね。
オフィスでタイトスカートやスキニーパンツを格好良く穿きこなす時、ボディラインが出るピタッとしたワンピースを着るときなんかに、パンティーのラインが出ないのでお尻の美しいラインを演出できる。
Tバックの魅力はファッション性や、そのセクシーさだけではなく履き心地の良さにある。Tバックはゴムの締め付けが少なく、お尻を包み込む布がない分、解放感があって快適に過ごせる。独特の履き心地で、最初のうちはチョット違和感を覚えるが、間違いなく愛用者はこの独特な感触の病みつきになるはずだ。

2005年公開の「イン・ハー・シューズ(IN HER SHOES)」というアメリカ映画を見てほしい。主人公マギーの姉、ローズは女弁護士として成功しているけど自分の容姿に自信が持てない。プータローだけどイイ女の妹とは正反対なんだ。最初は地味な木綿のショーツなんかを穿いちゃうんだけど、最終的には自信を取り戻し、Tバックを穿きこなすようになる。女性として開花するワケ。

Tバックを穿くと自信が湧いて、いつもより大胆に振る舞える。Tバックは露出度が高くてかわいいデザインのものが多いため穿くだけでセクシーな気分に浸れる。自分に自信が持てるようになると、映画の中のローズのように魅力的な仕草や振る舞いが自然と出るようになる。プリッとした形の良いお尻で世の男たちを魅了する。やっぱり美しさは見えない所からっていうのが鉄則なんだろうね!

Tバックはタレント、グラビアモデルやAV女優だけではなく、ルックスも素晴らしい最近の女子アスリート達も積極的にチャレンジしてほしいね!
Tバックの似合いそうなお気に入り選手を列挙しようかな!


・フィギュアスケート-浅田舞
・プロゴルファー-宮田志乃、阿部桃子
・新体操-畠山愛理、皆川夏穂
・女子バレー-木村沙織、吉村志穂
・ビーチバレー-坂口佳穂、大山未希
・バトミントン-高橋沙也加


そして俺の1番の注目株は、トヨタ自動車のCM「神スイング」の現役女子大生アイドル「稲村亜美」!あのスウィングは最高だね。

彼女たちはTバックだけではなく、フランス製ランジェリーブランドAubade(オーバドゥ)のトータルコレクションを是非、身に付けてアスリートとして輝いてほしい。
スタイリストのみなさん、これらの選手たちに注目してね。

今まで恥ずかしくて踏み出せなかった女たちよ!
Tバックに対して恥じらいをもっていればいるほど、男たちを惑わす色気が出る。
鏡で自分のお尻を見るのが楽しくなるはずだ。
女度が上がって、フェロモンが出ている高揚感は格別!

女たちよ!つべこべ言わずに尻を出せ!


関野芳信




■今月の関野社長のおすすめアイテム

「Les Belles Garconnes」のホットタンガ&「Boite a Desir」のAmour Piegeコレクション。

BKtanga width=

BKtanga width=

 

File No4.女たちよ!キャミソールはベッドで!

女たちよ! ガーターベルトで魅せろ!

File No4.女たちよ!キャミソールはベッドで!

暑い夏が終わって、本格的な秋の到来。
そう、恋人たちが愛を育む季節。
そんな大切な時間を演出するのはファッションだけではなく、素敵なAubade(オーバドゥ)のランジェリー!

この夏、チョット気になったのはブラウスやシャツの下にキャミソール(Camisole)を着用している女たちがやたらと目立ったことだ。
ブラジャーのストラップとキャミソールのストラップが2本ずつ両肩に重なっていて、実に野暮ったい。夏場は薄手のブラウスが多いから、肌が透けるのを防ぐため、下着のラインを隠すため、そしてブラウスやシャツに汗染みがつくのを避けるためなのだろうけれど。多分、お堅い女性やマナーコンサルタントの先生方にとっては実用的で常識的で安心感があるっていうことだよね。
だけど、これってセダクティブを目指す女たちにはダサくて、オバサン臭くない?


キャミソール(Camisole)とは、欧米では昔から恋人や夫婦など極めて親密な間柄における室内着(プライベートドレス)または寝巻(ネグリジェ)として愛用されてきた。
1986年、当時の古いハリウッド映画「ナインハーフ」のヒロイン、キム・ベイシンガーのキャミソールの着こなしを見習いたいものだ。相手役ミッキー・ロークとのワイルドな夜を過ごすためのキャミソール。男を惹きつけてやまない魅惑的なレースと透け感。肌に直接のせると薄くて柔らかくてまるで禁断の甘い香りが漂いそうな感じ。挑発的で魅惑的だ。キャミソールは決して肌が透けるのを防ぐためでも、下着のラインを隠すためでも、ましてや汗染みが付くのを嫌う為でもない!
実用的で、常識的で、安心感を得るためではなくてもっと官能的で危険な香りがするランジェリーアイテムだ!

女たちがSeductiveな女を目指すなら、お願いだからブラウスやシャツの下にキャミソールは着ないでほしい。どうしても、キャミソールを楽しみたい場合はストラップレスブラの上にアウターとして着て欲しい!

某ランジェリーメーカーのCMに出演している女優・篠原涼子のファッションを見ただろうか?臆面もなく赤いブラジャーを白シャツから覗かせている。見えそうで見えないギリギリの豊満な胸元。男だけでなく、篠原涼子自身が自分の極上の谷間に魅了されているに違いない。自分らしくランジェリーを楽しみ、女であることを決して忘れない。そして、鼻先にチョコンと黒縁の伊達メガネ。何となく、お仕事ができちゃうお姉さんの雰囲気。当代随一のブラジャーの似合う女優だ。

いきなりだけど、明治生まれの俺の親父の遺言をひとつ!
「ビジネスマンはワイシャツの下に長袖、半袖、タンクトップを着るな!ワイシャツは日焼けした素肌に直接着ろ!ワイシャツは元々定義が下着扱いなので、シャツの下に下着が透けて見えるのはセクシーではない。インターナショナルマナーに反するぞ!」というもの。
これって、何かキャミソールの話に相通じるよね??
女たちには、セクシーでいてほしい!男を魅了してほしい!これが俺の願い。

初秋の夜、大切な思い出となる夜。自分らしく、美しくしなやかに生きているSeductiveな女たちに言いたい。
Aubadeの艶やかでセクシーなランジェリーを身に纏えば、パリのマダムに成ったかのような気分に浸れ、特別なものを身につけているという歓びを感じられる。誇りと自信が女性を内面から美しく輝かせてくれる。“女らしさ”“セダクション”“エロティシズム”の三要素を兼ね備えたランジェリーブランドAubade(オーバドゥ)を身につけて素敵なラブゲームに興じようじゃないか!女たちよ!

関野芳信




■今月の関野社長のおすすめアイテム

「PROJECTION PRIVEE」のシルクキャミソール

キャミソール